ついに売買する時という局面では、一番に下調べを手抜きしてはいけません。トレードを始める前であったら出来事を合理的に観察する事が出来ます。だがしかし、ひとたび売買の中へ飛び込んでしまうと、何をしても捉え方が自分勝手なものになりがちで時々真っ当な判断を下せなくなるリスクがあります。それゆえに自らの考えが落ち着いている場面で事前準備が重要です。”準備”のためには、始めにあなただけのストーリー展開を記す事から始めます。今からのこの通貨は下がる(または上がる)から豪ドルを売る(あるいは買う)みたいに、台本を書いていきます。次に大切なのは日足チャートをチェックしよう。レートの上げ下げをチェックして、今日のチャートを確認する。そうすれば、「過度に偏った状態にある」それとも「もうすでにたくさんの投資家がエントリーしているからこの先自分かエントリーしても遅いな」などと見えてくる。当然ですが今さら取引するのがなすすべがないと思っていたら、仕かけないで、そこはきっぱりとあきらめることか重要です。どうあがいても自らのシナリオを譲らずに無理に新しく注文すると、相場にやられてしまい、反対に損することになります。ただたいがいのケースで、準備万端の自らのシナリオを考えていくと、買い(または売り)がやりようがないという場面にはなりません。実際に市場が動意づく前の状況のはずです。更に、あなた自身がとろうとする売買ポジションの変化を、注意深く把握する事が必要です。仮定として円安になるだろうという筋書きを考えたのであれば、その通貨の変動に注目する必要があります。外国為替市場の変動をチェックし始めた段階では、まだ該当の外貨ははっきりと上げ下げする素振りを見せないで上や下に多少の動きを繰り返しているだけだろう。だけど、その変化を正確にチェックしているとある場面で、円安へと外国為替市場が変動し始めます。この場面でいよいよ、ドル買いのトレードします。基本的に、そこまで準備を考えておけばそのトレードで勝つ割合はかなり高くなるはずです。