自動車の事故が起きた際己が自動車の事故の被害者であるにもかかわらず事故を起こした相手が過ちをひとつも容認しないことはみられます。意思と関係して起こってしまったのではなく少し他のことに気がいったことで乗っていた車を激突した時に、こうした水掛け論にうつってしまう状況がありがちです。そうであっても、その場所で車のみの事故処理されて時間が経過して体の変調が現れた際にかかった病院の医師に作成してもらった診断書警察に提出するというのは対応が遅くなる事は否めません。では事故の過失割合の認定にはどんな風な基準が設定されているのでしょうか?細かく言いますと、警察署が確定するのは主として自動車での事故の大きな過失が考えられるのはどちらであるかという責任の有無であって過失の割合がどうなのかではありません。もっと言えば、明確にされた過失が認められた人が明確にされる事は事は有り得ません。そんな訳で、どちらに何割過失があるのかは両者の相談により明確にされ、それが賠償額の基準です。この際に、お互いが自動車任意保険に未加入の場合には、両方が真正面から調整します。ところが、当たり前ですがこういった協議では、短絡的な押し問答になる場合が高くなります。まして、お互いの意見に隔たりがあれば最悪の場合、裁判での争いにもつれ込みますが、それは長い年月と裁判費用膨大な損失です。これにより多くの場合、互いの当人に付く保険の会社、そのようにお互いの自動車の保険会社に全て任せる手段を活用して、適切な割合を客観的に結論付けさせるのです。このような際には、保険会社はそれまでの交通事故の裁判の結果から算出した元となるもの、判例集を元に推測と協議を活用して割合を決めます。そうであっても、車での事故のケースでは、巻き込まれたのか起こしたのかの如何を問わずとりあえず110番通報するのが鉄則です。その後、自動車保険会社に連絡をして、これから先の協議を一任するのが手順になります。状況に応じた順序さえ把握していれば両者の無益な話し合いとなる状況を回避できるに違いありません。