「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを売り買いして利ざやを上げる商取引です。値は、いつも変化しています。それが為替です。テレビのニュースをみているとドルやユーロのレートのニュースが流れる状況があります。例としてあげると、「本日の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を示しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを意味しています。別の表現をすると外為取引には買値と売値の値があります。売値、買値ではなくビット、アスクと表示するFX会社もあります。いつもは売値の方が小さく決定されています。実際に買値は高く、売値は安くなるものです。その差をスプレッドといい、取引会社の収入の1つになっています。スプレッドの広さは業者によって変わります。スプレッドの差は投資家にとって出費になるので、狭いFX取引会社をピックアップしたほうが有益です。ただ、同じ会社でも局面によってはスプレッドは拡大したり、縮小したりします。例としていつもはドルと円の組合せで1銭のスプレッドの差だったとしてもレートの動きが大きいケースでは1銭よりも広くなる事があります。そういう訳で、スプレッドが低いのと合わせて安定している事が大切です。今では動かないスプレッドを表示するFX取引会社も多数存在します。実際にFX業者の取引画面の中で実際のマーケットを確認しなければ評価できないので面倒くさいですが、とても重要なことです。多くの資金を使ってトレードをしますので、本当のエントリーの前に、心惹かれたFX会社の新規口座開設を試して、スプレッドの差を知っておきましょう。同じ通貨の組合せ為替のボラティリティによって、通貨のスプレッドは異なります。通常、銀行間取引で取引量の多い通貨の組合せではスプレッド幅が狭く残りの外貨ではスプレッドの差が大きくなる傾向にあります。