カードの支払いの遅れが続く:引き落としについて不履行をせずともカードカード利用料の口座引き落とし日時点で残高が足りておらず利用料口座振替がされないという事態が何度となくやってしまうような時クレジットカードの発行会社によって『いつも金欠のようだ』というように予測してしまうことで強制退会といった事態になってしまうこともあります。お金は有していても忘れて引き落としできない状態になってしまった・・・という行為をしていても、クレジット会社の立場に立つと信頼できないというメンバーという階級になるため借金をしているか否かによらず没収という扱いになってしまう時も事実としてあるので要注意です。だらしのない人の評価はやっぱり悪いのです。さらに言うと、一度でもこの請求の引き落としができないという事態が出ますと利用期限まで使えてもそれ以後の更新ができない場合もあるのです。そのくらい大切なことなのだと把握し、支払い日は絶対逃さないようにしてください。クレジットキャッシュ化という契約を使う→クレジットのキャッシング枠がすでに足りなくなり、もうどこからも借りることができないからといって、カードキャッシュ化というようなカードのショッピング枠を使用する方法などを使った場合それによりカードの強制失効させられてしまう例がある。基本的にはクレカの会社はカード規約の中で現金化する目的でのクレカの利用をNGとしているためにクレジット現金化利用=ルール違反=失効となってしまってもおかしい話ではないのです。深く考えずに金欠だからといってキャッシュ化などというものを使用してしまうとリボ残高について一括支払い請求などというものをされてしまう時も存在するようなので、関わらないようにしてほしいものです。