外国為替市場としてのFX(外国為替証拠金取引)のことを、考えてみます。宮古島イベント

FX(外国為替証拠金取引)というのは、二つの国のお金を交換をしてそれらの差額を得られるというような手順となります。

こういった二つのお金の間で作り出される差益金額をスワップ金利と呼ぶのです。

このスワップ金利とは、本当はスワップポイントと呼ばれるそうです。

FXのスワップポイント(スワップ金利)というのは、毎日でも獲得する事ができますがその日のレートの変動で異なるそうです。

スワップ金利を得ることが目当てで、FXの為替取引を行っている人たちもいるのです。

スワップ金利は取引するFX業者それぞれに異なってくるためちょっとでもスワップポイントが高いFX業者を使いたい所ですよね。

しかしながらスワップ金利(スワップポイント)は為替相場が動くことで変動するので要注意です。

もう一つ、為替の取引をやる際はグラフを読める力が必要となってきます。

図表を見る事で為替トレードの変化を読む事が出来るようになると言われています。

外国の為替初心者が見たとしたら、いったい何の図ですか?と不思議に思えるのでしょうがポイントを知っておくとグラフを読む事が可能になるとのことです。

どの辺から日本円が上昇傾向にあるあるいは下がっているという風にこのタイミングが一番円安になるだろうとこのチャートを見て判別が出来て為替取引をする際には非常に役立つ情報源となるようです。

図表は日本の場合はローソク足が使われておりその名前の通りローソクの形の図表で表現されています。

ローソク足(陰陽足)では高値・安値かつ終値と始値を表示していて図でいろいろな形状になって行きます。