新聞の宣伝チラシ、スポーツ新聞、電柱に見かけるチラシやダイレクトメールで、「多重借金の合理化します」「負債を一本化しましょう」という内容のアピールを目にすることがよくあります。アーセナル

それらは、「整頓屋」「買取専門人」「紹介業者」という名の企業の宣伝のときも存在します。美甘麗茶

そういったものを使用した場合では破産申立フローの中で免責承認をもらえない危険性が存在します。

「整理業者」の場合、ダイレクトメールなどで多重債務者を呼び出し、代金を取り負債整頓をしますけれど本当は負債整頓はされず、当人はさらなる債務地獄にはまるケースがほぼすべてと言えます。

「買取専門屋」の場合、当人のローンで、電化製品、旅行の券を山ほど仕入れさせ負債人からその物品を定価の20%あるいは半値で受け取るという手口のようです。

借金者は短期にはキャッシュが得られますが、まもなくカード会社から商品価格の定価の支払いが届き、結局のところ債務を増やす結果となります。

クレジットカード業者への詐欺であるとされて免責判定を受けられません。

「紹介者」というのは、有名なサラ金から貸してもらえなくなった負債人へ、自分では金貸しはせずに、融資を可能な違う企業を紹介して、すさまじい費用を受け取る企業です。

紹介屋は自分の手引きで融通可能となったという口調で解説しますが実際には何もしないまま、選考の通りやすい店を知っているだけというやり口です。

このときも実際のところ借金を悪化させる結末となります。