FX取引初めての方が市場の重要なところを理解するには初めにトレードを積み重ねていく事が不可欠です。登録販売者

とりわけ、前もってピンチを察知できるようになるにはへまを積むことも体験のひとつです。

損をするといっても、命取りとなるほど決定的な負けをしてはいけません。

取り戻せるほどの過ちを何度も重ねる事が、最後に自らの場数を増やす事が出来ます。

そう考えるとまず初めは少ない資金でエントリーして何回か小さな失敗をすることをおすすめします。

たとえば、100万円だけしか投資できない方がよく考えずに100万円を一銭も残さないで使ってエントリーするとミスした時、永久に立ち上がれなくなってしまう怖さがあります。

そのため、たとえば少しずつ小分けして注文してそれによってエントリーを体験した方が、次第にミスをカバーする方法なども学習していくはずです。

まず最初に小さな額で売り買いする事の利点は先に言及したように、自らの取引経験を増やし、失敗を避ける手段を学んでいく事にありますがそれと同時に、注文の回数を多くしてリスクを削減する事ができるというメリットもあります。

一例として、エントリーで勝率が二分の一だとします。

言い換えると、同じく50%の確率で損する危険性もあります。

勝率50%ということは二分の一の確率で勝てることを言い表しています。

だが、全財産を注ぎ込んで1度のみの仕掛けをするということは、明確な勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

そのままではたんに賭博と同じです。

つまり、全ての資金を投資して1度だけしか仕かけないと、それだけでは損が生じる比率が高まってしまうのである。

そのため、資金を1度に全部つぎ込むのではなく何度かに分けて投資経験を重ねる事がリスク管理となります。

また少しずつに分割してもすべてに利益を出す事は大事ではありません。

むしろ、勝つことが出来ないのが現実です。

売り買いで必要なのは、勝ち負けの回数ではなく、どのくらい稼ぐかです。

勝ち負けが同じでも、さらに勝率5割以下でも儲かる時は儲かります。

それ以上負けてもマイナスがわずかならば、少ない勝利の儲けだけでうまく稼げます。

そのために大切な事は損失を小さく、利益を大きくを忘れない事です。

損したらすぐにロスカットして、逆にプラスになる場面ではなるべく大きく利益を出す事が、FX取引をはじめたばかりの方がFXで勝利するための極意です。