自動車に乗る方は承知していると思いますが自動車税の納税義務があります。トロールビーズ

そしてこれは査定に出す愛車の買取の際に還付される税金なのです。ディーチェ

これというのは現実に実行したら簡単に分かりますが頭から順に簡易的に紹介していきます。フェムネイル

あえて補足すれば国内の車のみが対象ではなく海外の車等も税が返還される対象になります。たわら屋

車もそうですね。懸賞にゃんダフル

自動車税というのはクルマを所有する人が支払わなければならないものなのですが車の排気量の大小により定められています。中学受験ドクター

1リッター以下なら29500円1リッターより上で1.5リッターまでが34500円になります。4XTYLE

その後は500ccずつ5000円増加します。セルピュア

それからこの金額は4月1日現在ののオーナーが以後一年分の税額を納める義務があります。シャイニージェル

つまりは事前納付ということなので、愛車を買取してもらって所有権を失ったケースでは先に払った分のお金は還付されるんですね。ドゥーブルフロマージュ

この自動車税の場合は前払いでその年度の全額を払いますから、その年度内にクルマを手放したときは入れ替わった保有者が税金を支払わなければいけないということになります。

買い取った相手が中古車買い取り専門店でしたら、買い取り時にあなたが前払いしている分のお金を返してくれます。

つまり所有者でなくなった日以降の税金は、入れ替わった所有権を持った人が納税義務を負います。

もし10月中に自動車を売却した場合は、11月から次の年の3月までの税金は戻ってくるのです。

というのは前も述べた通り自動車税は一年分を前払いしているということから来ています。

つまり前オーナーは買取先に税を返してもらうということになります。

個人間で自動車を買い取ってもらう場合には、何気にこうした知識に気づかない方がよくいるため、きっちり忘れないようにしましょう。

自動車税が自動車を手放すと還ってくるという知識を意外と知っている人がいない事を利用してその事実を悪用する業者もいるのです。

自分から自動車税の返金に関しての話をしなければ、完全に返金のことに関して説明しないという場面も見られます。

ですからクルマの買い取りを頼む時には税金が返金されることを聞くことを怠らないようにする必要があります。


ネイルサプライ