借入というようなものをするとなると、定期に指定の日時に口座などから自動の手続きにて引き落しがされていくはずです。78-19-95

テレビのCMなどで現金自動支払機で時を構わず支払いというのが出来ると言われていますがそれというのは毎月の支払いとは別に弁済する場合のに関してを言及しているのです。78-18-95

かくのごときものを繰上支払というふうにいい、残額全額を支払事を総額繰り上げ弁済一部を返済する返済を一部金前倒し支払いと言っています。78-5-95

これは、臨時所得などによって経済的にゆとりが有る際は、ATMなどや振込等により、一部分もしくは総額に関して支払いするということが出来るのです。78-3-95

かつこういったこと以外に前倒し支払いには長所というものがたくさんあって、難点というのはほぼないです。78-16-95

これのプラスとは別途によって返済することによって、借入金全体を低減するといったことが可能なので引き落し回数というものが短くなるので、利率についても低減でき支払い総額そのものを軽減出来るので一挙両得の返済形式となっているのです。78-20-95

しかし忠告したいのはいつ前倒し弁済するかという点です。78-1-95

カード会社には支払い日とは別に締め日がといったものが存在したりするのです。78-17-95

例を挙げますと15日〆め日であったとして次月10日弁済としましたら、月中以降に関しては来月分の金利というようなものをひっくるめた返済額へと確定してしまったりするのです。78-9-95

これは、15日以降に繰上支払しましても、次月分の支払金額というものは決まっていますから、そのようなスパンで繰上弁済しても翌月分の返済分にはさっぱり反映がありません。78-4-95

それゆえ繰上支払といったものが即刻効力を呈するためには支払期日の翌日から次の締め日の来る前までの期間に前倒し返済しておく必要があります。

ただし、こんな場合の利子の差というものは至って小さいものです。

そのくらい頓着しない場合は時を構わず自由自在に繰上支払するといいでしょう。

だけど少額であっても少なくしようと希望する人は、返済期日から締めまでの間に繰上返済するべきです。


78-10-95 78-11-95 78-6-95 78-7-95 78-14-95