普通の初心者向けの外為取引の本では、「マイナスになった状況ではナンピンして、ポジションのコストを下げる」などと助言されていますが正直に言うとそれにはかなりの落とし穴がある。マナラホットクレンジングゲル 口コミ

ナンピンの原理について簡単に説明しておきます。フルート日記

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。艶つや習慣 口コミ

$買いのため円安ドル高に動くほど利益が出るわけだが1ドル=95円まで円高ドル安が進んでしまったとします。愛され葉酸 効果

この場合ポジションを持ち続けたら損がなくなるまでにはマイナス分、ドル高に向う必要があります。森下仁丹のビフィーナ

みんな、赤字はなるべく早く回復したいと願います。ネットビジネス 種類

この状況を打破するためはじめにエントリーしたのと同じ量のドルを、1ドルを95円で買い増します。

それで、ポジション全体の買い付けコストは1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

半分の幅で円安が進むと赤字を失くすことが出来ます。

この流れがナンピン買いのやり方です。

このような、ナンピンの原理を理解すると、「その通り」という考えになるが、為替は容易には上手くはいきません。

元々、1ドル95円が下限だとということなどなんびとも分かるはずがありません。

もしも、相場が相当のドル安傾向であるならば1ドル=95円では下げ止まらずにより円高になる確率が高いです。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンをしたにもかかわらず95円まで円高ドル安になったとしたらナンピン買いを入れたポジションも差損が生まれてしまいます。

それでは、一番初めに売買したドルとトータルで、より大きな損失が生まれる事になります。

それゆえ、ナンピン買いは難しいのだ。

それでは、マーケットが台本とは反対にみるみる進んでしまった場合どの手段でリスクを軽減すればいいのだろうか。

そこで取れる道は2つ。

ひとつは潔く損切りをする事です。

もうひとつの方法としてはその段階で、あなたが所持しているポジションを縮小することで、もう一度外国為替市場が回復するのを動かないで待ち望むことです。

消極的な対策だと感じる投資家もいます。

けれども、自分が保持しているポジションに損失が生じた場合一番正しい手法はこれ以外にはあるはずがありません。

確かに、理論上は、ナンピン買いを入れるという方法もあるように思えます。

だがナンピンは、自身がマイナスになっているにもかかわらず買いポジションを縮小するどころか逆に買いポジションを積んでいく方法です。

この手法では、危険をコントロールすることなど、どう考えても不可能だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンを続けられればその内利益を上げられるかもしれません。

でも、それより前に投資資金は無くなってしまいます。